Account&Tax

【個人事業主・ブロガー必見】個人事業主が入るべき付加保険料って知ってる?

会計士のkatsuki(katsuki_jp)です。

今回は個人事業主(ブロガーの個人事業主ももちろん含みます)必見の記事です。
この記事読まないと損しますよ!!

それではいきましょう。

付加保険料って?

日本にいる20歳以上60歳未満の方はすべて国民年金に加入しています。
その中でも個人事業主・学生・無職等の方は第1号被保険者という分類となります。

この第1号被保険者にはあまり知られていない超お得な情報があります。

それが付加保険料!

知らない人の方が圧倒的に多いと思います。
加入率7.8%ですから。

付加保険料は、第1号被保険者(個人事業主など)に認められた国民年金の定額保険料に付加保険料を上乗せして納めることで、将来受給する年金額を増やせる制度です。

将来もらえる年金はいくら増えるのか?

付加保険料は第1号被保険者が任意で加入でき、毎月追加で400円支払えば受給する年金額が増加するものです。

年金の増加受給額=200円×付加保険料納付月数となります。

仮に40年間付加保険料を納付し、20年間年金を受給した場合を想定した場合下記のとおりとなります。

金額(円)
年金受給額(20年×480ヶ月×200)1,920,000
付加保険料(40年×12ヶ月×400円)△192,000
差引き(利益)1,728,000

これすごくないですか!
平均寿命が85歳として20年間年金を受給した場合、付加保険料192,000円の支払に対して、年金受給額が総額で1,920,000円増加するため、1,728,000円の利益となります!
こんなに良い投資はありません!今すぐ加入しましょう!!

注意点は?

①国民年金基金との併用はできない(ここでは国民年金基金の詳細は省きます)
②死亡した場合それまで支払った付加保険料が無駄になる

申込方法

申し込みは市区役所及び町村役場の窓口でできます。

手続の詳細はこちらの日本年金機構のHPを参照してください

要約リスト

・対象者が第1号被保険者(個人事業主、学生、無職等)に限られる
・40年間付加保険料を納付し、20年間年金を受給した場合1,728,000円得する
・役所の窓口で申し込む必要がある

いかがでしたでしょうか。
あまり知られていない、付加保険料の良さに気づいて頂ければ幸いです。

第1号被保険者(個人事業主、学生、無職等)の方は申込んでみてください!

katsuki(katsuki_jp)